北海道虻田郡ニセコ町付近でピアノを習うなら

ムジークガルテン音楽教室

講師紹介

クライス光子 (くらいす みつこ)

埼玉県出身。4歳からピアノを始める。米国オハイオ州の大学にてピアノ専攻し、在学中にパイプオルガンに魅せられインディアナ州テイラー大学音楽学部オルガン科にてBachelor of Art修了。Dr. Fred Shulzeに師事。在学中、地元の教会や大学のチャペルなど教会オルガニストとして活動する。帰国後、埼玉県浦和で教会オルガニストを務め、引き続きオルガンの研鑽に励み、オルガンを永見亜矢子氏に師事。東京、神奈川、千葉、埼玉の小さな教会で結婚式やクリスマスのコンサートを続けるかたわら、ソプラノ歌手のピアノ伴奏や、ミュージカルやコーラスのピアノ伴奏もする。結婚を期に渡独。ドイツでも、教会オルガニストとして演奏をし、地元の子供たちにピアノを教える。帰国後現在はニセコ在住。

 

クライス光子はどんな人?

ドイツ人の夫と、2人の子供たちで4人大家族で住んでいます!ドイツ人の夫は、パイプオルガンやチェンバロを製作するマイスター職人さんです。

家の中は、日本語、ドイツ語、英語が飛びかっています。訳して訳されて、お互いを理解しています。食事は、主食がジャガイモです。ニセコのジャガイモは本当においしいですよ。夫が夕食作り担当で、毎晩ドイツ料理を食べています。後片付け担当は、私ですが…、毎日「ありがとう」と500回言いながらお皿洗っています。

趣味は読書です。お洋服を買うよりも本を買っている数の方が多いです。童話を読んだり、子育て本を読んだり、健康の本やレシピ本が多いですね。深い話だと、心理学の本や引き寄せの本も読んでいます。

好きな色は赤です。情熱の赤、なんちゃって。赤とオレンジが混ざっているような色(秋色のような)が好きです。

音楽だけの人生を送ってません。社会人になって、色々な会社にも勤めました。満員電車に毎日ゆられて、人生悩みに悩みながら、音楽とともに歩いてきました。そしてその中で、自分の奏でる音が変化し続けてきています。

アメリカ生活5年(田舎町)、ドイツ生活5年(田舎町)を通して、自分自身を探り、自分の表現を音楽で見いだし、色々な方々のおかげで、今ここで生活できています。出会った皆さまに、心から感謝しています。

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2017/07/11