北海道虻田郡ニセコ町付近でピアノを習うなら

ムジークガルテン音楽教室

子どもにもプライドがある

   

昨日、ピアノレッスンに来たお友達。

教室に入って2年と少し経つ。この子は3歳後半からピアノ教室に来ました。

現在は、年長で、もうすぐ卒園です。

習いたては、大変でした。本当にこの子は音符を覚えられるのか?ピアノを弾く気があるのか?自問自答しながらレッスンをしました。だって、ずっと長い時間、椅子にすわってくれないのですから。

それでも、シール貼りながら音符を覚え、ソルフェージュしながら音を覚え、カードゲームしながらリズムを、少しずつ覚えていきました。

親御さんも、頑張って教室に連れてきてくれました。子供と私を信じて。

ある時、彼女が音符をスラスラ読み始めました。

そしてアッという間に、楽譜が読めて、弾けるようになりました。

マイペースなのに、急に弾きだして、難しい曲も、初見もできるようになりました。

あ、分かった。

この子は、私が言っていること、見せたことを全部覚えている。聞いていないようなそぶりでも、しっかりレッスンを受けていたんです。

私は、まだ年長の女の子が、自分と同じようにプライドがあり、誇りをもって生きていることに、気づきました。

心打たれ、尊敬の念が生まれました。この子の態度で、きっと大人たちは彼女を理解できず、上から目線で物を言い、押さえつけていくだろう。と思いました。

だからこそ、ピアノレッスンの時は、誇り高く、自分の信じたやり方で、やらせてあげようと思いました。

子どもだからといって、甘く見てはいけません。大人たち、痛い目に合うのは、あなたですよ!!(笑)

昨日レッスンのときに、その子は嬉しそうに言いました。

『私、ピアノやっているからって、幼稚園の合奏担当の楽器が、鍵盤ハーモニカになったよ。それで≪世界で一つだけの花≫を弾くんだ』と。

私も嬉しくなった。こんなに成長したのね。

ただギューと抱きしめてあげました。幸せなレッスンのひと時でした。

 - ピアノ教室 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ニュースレター12月号

みなさん、こんにちは。 クライス光子です。 今年は、ニセコは雪が降り続き、毎日の …

ピアノ発表会
ピアノの発表会の意味

みなさん、こんにちは。 クライス光子です。 ピアノの発表会って、色々なスタイルが …

お楽しみ発表会がもうすぐです。

  お楽しみ発表会がもうすぐです。 生徒さん一人ひとりが、最後の追い込 …

常連です

  ニセコに来たら、ここへ行ってください。 つばらつばら   …

2017年お楽しみ発表会

2017年11月19日(日) ニセコ町民センターでお楽しみ発表会をしました! 7 …

ピアノ発表会
中止のご案内・ピアノワークショップ

みなさん、こんにちは。 クライス光子です。 先日「親子のための ピアノワークショ …

ニュースレター10月号

1710ニュースレター ニュースレター10月号を発行しました。 寒くなりましたね …

no image
ニュースレター9月号

みなさん、こんにちは。 音楽教室のニュースレター9月号を発行しました。 よろしく …

ピアノ 子供
ピアノ教室はいつから通ったらいい?ピアノ講師が教えます。

こんにちは。クライス光子です。 お子さまがいらっしゃるご両親にとっては、気になる …

潮焼けした船長さん

  今日のレッスンに来てくれた 小4の女の子。 Mちゃん。 &nbsp …