北海道虻田郡ニセコ町付近でピアノを習うなら

ムジークガルテン音楽教室

ピアノ教室はいつから通ったらいい?ピアノ講師が教えます。

      2017/07/12

ピアノ 子供こんにちは。クライス光子です。

お子さまがいらっしゃるご両親にとっては、気になるタイトルですよね。

実際、色々なピアノ教室があって、「何歳からOK」と書かれている教室もあります。

私が個人的に考えることは、赤ちゃんはお腹の中にいるときから、耳で聴いています。

赤ちゃんは、お母さんの心臓の音や血液の音、そして考えていることや、日常の音を、聴き分けているのです。

すごい耳ですよね。

大人になると、聴こえが老化していくだけなのに。

赤ちゃん、子供(6歳半くらいまで)は、すごい耳の持ち主なんですよ。

 

音楽は、耳で聴くものです。

耳で聴いて、感じて、目で見て、感じて、さわって弾きたくなるのです。

 

子供は、何歳であっても、ピアノが大好きです。

制限をかけているのが、大人です。

 

私、ピアノ講師として、言えることは、

「こどもに制限をかけない」こと。

本物の環境を与えてあげること。

大人よりも、耳で聴いて、目で見て、さわって覚えるのです。

「まだ小さいから…無理」

ではなく、小さいからこそ、親が育ててあげてください。

CDではなく、お母さんが生で歌ってあげてください。

テレビではなく、お母さんがお話しを作って聞かせてあげてください。

きっと楽しい子育てになりますよ。

 

子供がピアノに興味を示しだしたら、

ピアノ教室へ連れて行ってみてください。

本物のピアノに触れること、本物の音楽にふれること。

きっと、大人が考えている以上に、

子供は全身で受け止め、大きく成長していくのです。

 

今日も素敵な日をお過ごしくださいね。

 

 - ピアノ教室

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ニュースレター2月号

こんにちは。 ニュースレター2月号を発行しました。 1801ニュースレター 1月 …

お楽しみ発表会 無事終了です

  昨日、11月11日(日)15時から、ニセコ町民センターにて、お楽し …

ピアノの弾き方で分かること

この週末は、土日とも札幌へ行ってきました。一つの目的は、ピアノを習いに師匠の所へ …

レッスンノート活用

  教室に通い始めてから2年目の むとうちなつちゃん。   …

バロックバイオリンと三味線のライブ

  バロックバイオリンと三味線のライブ スペイン在住のバロックバイオリ …

通訳業、始めます。Opening the interpret office in Niseko.

こんにちは!クライス光子です。 突然のお知らせですが、音楽教室を少し発展して、新 …

サウンドオブミュージックを英語で歌おう

  新クラスができます! 2017年3月に、私が率いてきたこども合唱団 …

ニュースレター10月号

1710ニュースレター ニュースレター10月号を発行しました。 寒くなりましたね …

もうすぐ発表会

11月11日(日)の発表会に向けて みんな気合入っています。 今回は15名くらい …

子どもにもプライドがある

昨日、ピアノレッスンに来たお友達。 教室に入って2年と少し経つ。この子は3歳後半 …